両面を知って自分がわかればブレなくなる

沖縄のFさんこと、普天間直弘先生イベントのレポートです。

普天間先生の琉球リフレクソロジー講座

普天間先生の足揉み講座は半分が心、メンタルのお話をまずじっくりいたします。

身体の症状は身体からのメッセージなので、自分の状態や周りの人物との相関関係など

理解すると意味がわかるとスッキリ爽やかに!

男性と女性の違いなど解説

「大人とは何?」と禅問答のように質問されながら答えていきます。


大人とは自分に嘘をつかない、ごまかさないこと。


お母さんが眉間に縦じわを立てていれば、いつしか家族を支配したり、

もしくは自己否定してしまう。


そんな負の感情の塊が「鬼」


『鬼滅の刃』など鬼退治モノが大ヒットしたりするのは

人間の心の闇の世界を投影している物語が共感を呼んでいる。



自分の心に負の感情が湧いたことを、呑み込んだり

人にぶつけるとそれが永遠に負のループから抜け出さないことになる。



自分の中に湧いた感情の元は、物心ついた頃に受けた理不尽を昇華できないまま

人と人が出会い、自分の中にあるモノに氣付くまで続く。



氣づいて手放すを次のステージに進めるまるでロールプレイングゲームのよう。


パララパラ〜♪

足の反射区に沿って足を揉んで行きます。

人間の身体にも右と左、陰と陽があって
人の役に立ちたいとか、喜ばれたいとか善なる心もあれば、
人を妬んだり、恨んだり、憎んだり、悪しき心もある。


しかし、それを否定したり、隠したり、漬物石の底につけておくと!
同じような残念な現象や出会いを引き寄せてしまう。



怒りの感情や、悲しみの感情が湧いたとしても

そう思ってしまった自分を責めたり、

人を責めるのではなく、その闇と光を統合することが今必要。



自分が自分と統合できないと、人とも和合できない。


「こんなわたしですけど、何か?」と

何事も魔に受けない。

こんな身体に誰がしたの〜?笑

「イタタタッ!」と足から出るメッセージ。


心では我慢しているつもりでも身体は嘘をつけないので

痛いなら「痛い!」と叫んだ方が身体も心も楽になる。

自分で感覚を掴んで、人のケアをする
琉球リフレクソロジスト認定セラピスト誕生!

心から、身体から、闇から光から両面からアプローチできる

琉球リフレクソロジスト2021年生の誕生でございました!

魔法学校編に続く!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事