令和時代サバイバルに生き残る仕事の軸の作り方

昨年の緊急事態宣言など自粛要請とか、自分の行動や仕事、生活が外的要因によって影響を受ける
ということが世界中で起こりました。

しかし、その一方で、ほとんど影響を受けることもなく、
むしろ他の楽しみを見出したり、より自分らしく生きて行ける人も増えています。


私の場合はコロナとか関係なく、昨年2020年の2月に後1ヶ月で鹿児島に帰る!と決断したので、
緊急事態宣言の影響を受けることなく、3月中に鹿児島に帰ってこれました。

帰る途中からずっと人にズームの使い方を教えてずっと仕事が途切れませんでした。
コロナのおかげでむしろ出番?仕事の依頼が増えてオンラインサロンを5つも運営しました。


これはもうサバイバルモードなんだな〜と昨年は思いました。

コロナというウイルスよりも、経済的な影響が人の心を揺さぶりまくっているのを感じました。

残念なことに自分さえ良ければいいという経済感覚の人の正体が浮き彫りになるように
うまそうな話に乗って去っていく人たちもいました。
その人の本質はそれなんだと縁が消えていく体験をしました。

まさに「金の切れ目が縁の切れ目」という資本主義社会の奴隷か家畜か?
という生き方あり方が問われたのが去年から今年だったと思います。



私自身かつてはでもしか教師として、公務員という社会が引いた仕事の軸、他人軸をベースに
生活していました。しかし、それでは病気も治らないし、いいご縁も巡って来ないだろうと思いました。


最初は好きなことを軸に仕事をしようと「スピリチュアル」で仕事をしようとしました。
それでもなんとかやっていけました。

しかし、その延長線上での結婚で統合医療をしようとうまくいっていると思っていたのに
離婚と共に仕事も崩壊するという経験を2年前にして、それではいけないと思いました。


自分とひたすら向き合う中で、自分の生き方、仕事を構築しなおしました。
そこで軸にしたのは「インターネット集客」にしました。

すると、仕事のご縁は広がり全国展開になりました。

自分にとっては20年近くインターネットのことをしていたので当たり前すぎて
それが仕事になる、つまりそれで人からお金をいただけるという発想が全くなかったのです!


「好きなことで仕事をしたい!」という人はたくさんいます。
でもなかなかできない、形にならない、お金にならないという人の方が多いです。


それは根本的な仕事の土台づくりがズレているからです。
自分だけではそれは絶対に氣づきません。


私自身も、もがきながらいろんな人と出会ったり、お金も使ってセッションを受けてみたり
しながら、自分の強みが固まったのです。


「仕事が嫌だな〜」と思いながら人生を生きるのは本当に辛いことでありますし、
何よりも健康を害します。


会社や公務員を辞めたりするはリスクが高いかもしれません。
しかし、何かしらの複業、複数の業を今のうちから準備することが
命綱になるかもしれません。


自分の中に仕事の軸を置く、自分軸でできる仕事をする方法を今プライベートレッスンで
お伝えしています。


いつかやろうでは済まされないのが今の時代だと思います。
「今でしょ!」と数年前はやりましたが、行動するのをためらって
年が明けてからやろうではもうゲートが閉まるかもしれません。


自分軸という強みというパズルと自分ではできないことは人にお願いします!と
組んでやるのがこれからの時代の生き方です。


「長い物には巻かれろ」時代は終わりました。

小さな個人でも自分でできることで仕事にもできるし、
自分ができることで生活できたり、人に喜んでもらえる生き方は最高だと思います。


時代が移り変わろうと、自分が自分らしくあるには
どういった働き方、社会への貢献の仕方ができるのだろうか?
そう考える人のお役には立てると思います。

・在宅で仕事をしてみたいと思っても何から始めていいかわからない
・自分らしい仕事で自立したい
・自分で月5万円ぐらい稼げるようになりたい


そんな方はまず私のインターネット集客講座はじめの一歩にご参加ください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事