人生を後悔しないために航海する船を選ぶ9月
Rearview of a young woman looking at the horizon while paddling a canoe on a still lake on a sunny afternoon

明日9月9日は重陽の節句で10日は十五夜の満月です。
魚座の満月の意味は「毎日を丁寧に暮らす」です。

秋分の日に向けて彼岸入り9月20日から彼岸明け26日までとなります。
彼岸の時期はあの世とこの世が近づくので
先祖の墓参りなどをする習わしがありますよね。

生まれて死ぬということがワンセットで、
輪廻転生という言葉を10年以上前に知って
人生がこの今の肉体だけでなく、
過去生というのもあるらしい・・・
と本で知った後に実際にその世界を探究したら・・・

人生が大きく変わりました。
自分の人生は最初に乗った大きな船
公務員という船では最終目的地60歳で下船するのは
「嫌だな〜 たいくつ」と思ったので、

36歳で降りました。

そしてリアルに!沖縄にたった一人で車とそれに乗るだけの荷物を
乗せて行きました。

最初は誰も知人のいない沖縄でしたが、
今でも交流のある人たちとの出会いがそこでありました。

それから数年経って、結婚という形で夫婦とその従業員という
福岡の船に乗りました。

楽しく充実していると思っていましたが
ある日その船を急に下船することになりました。

また一人車に乗るだけの荷物を積んで鹿児島に帰ってきました。
一人ぽポツんとカヌーに乗っているような人生になりました。

しかし、「志」という方向性を目的地としていたので
遠いところの人から声をかけていただいて
それぞれ一人一人の船に乗っているけれど、
同じ方向へ向かっている人たちと
「並走」するような人生の航海になって行きました。

「志」とは例え死んだとしても
誰かがそれを引き継いでくれそうな
意図であり意志です。

同じ音のものには同じ意味があり
意図とは「いと」→「系」でもあります。

過去のご先祖から引き継いだ意図や
輪廻転生の自分の過去生からの意図(課題)の糸、

そして、未来から来る イメージとしては
天から垂らす
蜘蛛の糸の糸をたぐりよせるように
未来へと牽引していくのを指導者といいます。

未来はまだきていないでも、
未来は自分達で創造していける!

ジョンレノンの歌
「イマジン」のメッセージは

イメージしてごらんです

Imagine all the people 想像して すべての人々が
Sharing all the world 世界を分かち合っていると

I hope someday you’ll join us 君もいつか仲間になってくれたら
And the world will live as one そして世界は一つになるんだ

歌という形でジョンレノンは死んだ後も
後世に残したメッセージは
多くの人の心に火を灯しました。

生と死のはざまが一番近づく9月秋分の日までに
死んだとしても後世に残したいもの、
後世に繋ぎたいことを考えたり、
逆に残してはいけないものや、
受け継いで欲しくないことなどを
書き出してみると人生の潮流は流れに乗っていくのかもしれません。

9月16日は友人伊藤久美子さん主催の次世代の子どもたちへのメッセージをお届けする
オンラインイベント「宇宙キッズサミット」が開催されます!

胎内記憶の池川明先生をゲストに自分の魂の約束を覚えて生まれてきた子どもたちや
その母親のお話をオンラインで聴くことができます。

新時代へと向かって汽笛を鳴らして多くの船が今航海に出ていこうとしているのかもしれません。
どの船に乗るのも自由、降りるのも自由です。

答えは外にあるのではなく、
自分の内側にあります。
10月1日がもしも船の出発時刻だとしたらどの船に乗るか
「決める」ことが今月のテーマのようです。

と、いうことで私は今夜から長崎島原でイベントがあるので
熊本港から島原港への1時間程度の船に乗りますね〜笑
行ってきます♪

個人セッション、パソコンレッスンなどはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事