謹賀新年 分離から統合することで、うさぎのように跳ねる年へ

 

 

 

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

2023年令和5年 癸卯(みずのとう)の年になりました。

 

癸は五行の「水」のエレメントの「弟」の意味で

雨などを表したりします。

 

雨はまた「情報」を意味したり、

「浄化」の意味するので、

自分の「感じる」情報である「感情」を浄化することがテーマになる年かもしれません。

 

 

象徴する映画が「すずめの戸締まり」でした。

 

人の感情のネガティブエネルギーが廃墟の扉から吹き出すと

地震を引き起こすというお話でしたが、

主人公の「すずめ」の感情が過去の自分のトラウマと向き合うこと、

周囲の人と協力しあって前に進んだことで、

大難とならず、無難に済んだお話でした。

 

 

つまり何をいいたいかというと、

世界、地球レベルのことが一個人の感情とも

リンクしているということです。

 

 

 

2012年あたりからアセンションという次元上昇という言葉が

スピリチュアル系でよく出てきて10年が過ぎましたが、

本当に自分の霊性スピリチュアルを現実生活と一致させて生きることが

簡単なことではありません。

 

 

見えない世界のことなので、

見える世界とのバランスが取れないと

スピリチュアルなことに興味がある「ピュアな」人が

生きづらい現実となってしまします。

 

 

分離から統合の時代と言われていて、

自分と他人を分ける「分離」だと、

ぶつかり合い、争い、排除などになってしまいます。

 

 

例えば、悪玉菌、善玉菌、日和見菌と

腸内細菌のことを言いますが、

全てお腹の中にいるわけです。

 

 

人間の心の中にも

 

善の心  人を応援しようとする気持ち

悪の心  人の失敗を望む気持ち

どっちでもない心 無関心か、気にならない気持ち

 

など、日々人は思考、心の世界でやっています。

 

 

この善悪の観念というのは 実は自分以外の他人からの影響で

「あれは善だ」「あれは悪だ」となっているのです。

 

 

白か黒かという2つに分けた考えですが、

誰の心の中にも白も黒もあるので

それを認めてミックス、統合した形が

陰陽のマークです。

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは

「善悪」がわかりません。

 

3歳ぐらいになる頃に

自我が目覚めたり、言葉を話したり、

親や周りの人の言葉で「善悪」の観念が育ちます。

 

 

例えば自分が何かの映像とか観て

「それが悪だ!」と思ったことは

もしかしたら、他の誰かに刷り込まれたものかもしれません。

 

 

それが自分以外の人を通して

自分の善悪の観念が一つ一つ外れていくような

「しかけ」「出来事」「イベント」人は

人との諍いや、事故、病気など一見ネガティブと

思われるようなことを通して気づいていくようです。

 

 

年始は誰もが 今年も無病息災、安全祈願などを祈ります。

今年が難なく過ごせますようにと願います。

 

しかし、その「難」が大難が小難に、小難が無難にすむように

気づきのメッセージが日常の中にあるようです。

 

 

うさぎ年でもあり、自粛のなくなった自由に動ける時代にまた戻ったので

「行動」することが次への飛躍へとつながる「令和5年」

GO!!の年なのです。

 

 

自分の中のネガティブを隠したり、否定したり、

見ないふりをすると、感情に蓋をするので、「すずめの戸締まり」

のようなことになってしまうので^^;

 

 

自分の中にわいた 負の感情も

そっか 自分の中にもそんな感情があるんだ〜

 

と他の誰かの感情の源泉を理解するための

ことだったんだ〜

とすれば中和されます。

 

 

木の根元は一緒なのに、

枝葉が分かれて

その違いを否定しあったり、

攻め合っているようなことが日常であります。

 

 

特に情報のスピードも速くなっていたりするので

情報を取捨選択することも丁寧にしていくことが必要です。

 

 

情報の時代だけに、情報汚染も激しく、

半年前の情報が古くなったりします。

 

常に情報をアップデートし、

自分にとって大事な人と情報を共有して

生きていくことが必要です。

 

 

大きく時代がさらに変わっていく流れの中で

「流される」か「流れに乗る」かでは

大きく変わります。

 

 

流されないためには「目的」と「目標」を自分で決めて

「行動」することです。

 

他の誰かの目的ではなく、自分の生まれてきた意味、意図を

表に出して行動していく時代の到来が、

統合の時代です。

 

 

 

2020年から3年間は統合へ向かうためのプロセスなどを体感しました。

しばらく年賀状やセルフマガジンの発行を休んでいましたが、

2023年は3年ぶりにセルフマガジンを無料配布いたします!

 

 

2022年の活動を主に目的を同じくした仲間たちとの活動の様子を

1冊の冊子にしましたので全国無料配布1部ずついたします。

 

内容「これからの時代を共に生きる仲間づくり」

 ・インターネットで理想の経済サイクルを実現!「ツクツク!」

 ・礼で和する志で世界の問題解決に取り組む「武学」

 

発送は1月中旬から予定。

 

ご希望の方は以下の申し込みリンクから

お申し込みください。

 

↓ ↓ ↓

 

冊子申し込み

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事