春分の日の「宇宙元旦」を迎える準備とは?

昨日は3月6日 ミロクの日の魅力的な夜として

おざりょうFオンライン飲み会では仏教ネタで盛り上がりました。

弥勒菩薩の像がある京都の広隆寺に高島亮さんが行った時の話、

おざりんが鹿児島の青隆寺の青不動や空海とアクセスした話、

普天間直弘先生が天気を龍神様にお願いしている話など盛りだくさんでした。

 

 

 

おざりんが青隆寺に行く前鹿児島市の多賀神社で

頭をぶつけた後に、イザナギと東郷平八郎からメッセージをもらった

話を再びしてくださいました。

 

当時の動画↓

 

おざりんの話をまとめると

「等身大」の自分になることが「自分軸」「主体性」となり、

自分が統合されることで「不安」や「怖れ」がなくなっていくということです。

 

多くの人が実は自分のことがよくわからない

過小評価か過大評価で思うようにいかない現実を生きていたりします。

 

 

等身大で生きた事例で東郷平八郎の生き方をお墓の前で

おざりんが2年前に解説してくれたのです。

東郷平八郎は日露戦争の英雄です。

今まさに世界の注目を集めているロシアですが、

ロシア側からも英雄と尊敬されたあり方だった

日本人東郷平八郎はサムライスピリットを見せたのです。

 

 

世界が戦争になったとしてもまずは

自分が等身大を生きることです。

 

自分が足元を固めて生きて

はじめて人を助けることができるのです。

 

実はこの時頭打ってかなり痛かったそうで、網膜剥離していたそうです^^;

自ら破壊と創造を体験されて今は進化して

アルケミスト塾を開催されているおざりんです。

おざりんの人生を紐解くアルケミスト塾

さて、ここ数年「統合」というキーワードが出てきていますが、

2022年の春分の日は宇宙元旦であり、新しい時代の幕開けとも

言われています。

その「準備」の過程で、仕事をやめる方や、体調を壊す方など、

今までのやり方、あり方を手放して、新時代を迎える流れになっています。

 

 

多くの人が開運したい、いい縁を結びたいと思っていますが、

その運の正体とは「準備」と「行動」です。

 

時間に関する、

「タイミング」と「タイムマネジメント」について

今回は動画で解説しました。


 

タイミングよくたまたま誰かとどこかで会ったことで

その後の人生が変わることがあります。

人との出会いが神仏の天の計らいと言われますが、

見えないチャンス(機会)をキャッチして、

タイムマネジメントすることで、

夢や理想が現実化していきます。

 

 

タイミングについては得意でしたが

タイムマネジメントはあまりやり方がわかっていなかった私でしたが、

武学のサムライセルフマネジメントを習って実践したら、

自分も事業が成功して、

今では関わった人まで売上が上がってきて喜んでもらっています。

 

タイミング+タイムマネジメントまで

できたら強固な人生の土台を構築することができます。

興味ある方はまず無料のライフキャリアシートから

体験お申し込みくださいね!

 

ご予約はこちらから ▶

 

のんちゃんパパ 社会福祉士 のぶちゃんの

メルマガでは春のメジロ推し!?な話など毎週土曜日配信中〜♪

登録お願いします↓

鹿児島|社会福祉士上村伸雄|うっのまいサロン

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事